銀行のキャッシングと銀行がおすすめの理由

借りるなら銀行!お勧めの理由とは|銀行系ナビ

借りるなら銀行!お勧めの理由とは

キャッシングできる会社はたくさんあります。
いろいろありますが、キャッシングをするなら銀行のカードローンをお勧めします。
お勧めする理由をここで述べたいと思います。
まず金利が圧倒的に安いということです。
銀行の強みを最大限に活かし、一番高い金利でも14%台というところが多いです。
一方消費者金融ですと、一番高い金利は上限ギリギリの18%ところもあり、約4%の開きがあります。
知名度はもちろんのこと、会社が潰れるなどといった心配はあまり無いので安心感があります。
そこの銀行口座を持っていれば口座に振り込む手数料もタダになったり、返済も口座から引き落としでできたりと、銀行ならではのサービスがたくさんあります。
また最大の利点は、総量規制の対象外であるという点です。
総量規制とは、年収の三分の一以下の借入の禁止や収入の無い人の借入を禁止する法律です。
2010年に貸金業法が改正され、新たに総量規制が加えられました。
この法律の施行により、専業主婦などの無収入の人々や、年収の三分の一以上の借入をしている人は、新たな借入が出来なくなったのです。
このように金融業界に激震が走った法律改正だったのですが、銀行カードローンには全く関係のないことでした。
というのも、銀行カードローンは銀行法に法って営業をしているからです。
銀行法には総量規制が無いため、このような取り締まりはありません。
ですから、収入の無い専業主婦の方でも申し込みは可能です。

一方貸金業法を適用している消費者金融は、専業主婦の申し込みはできません。
このように、銀行が運営しているカードローンはいろいろな面でお勧めできるのです。
もちろん、銀行カードローンにもデメリットはあります。
審査を慎重に行うところが多いので、申し込みから融資まで時間がかかってしまったり、他社の借入や返済状況などの審査も他よりも厳格に行うところが多いので、審査通過の割合が少なかったりします。
このようなマイナス点を踏まえた上で申し込むようにしましょう。

 

失敗しないようにご自身に一番あった銀行で借りるようにして下さい。

>>おすすめの銀行系カードローン比較はこちら<<

ホーム RSS購読 サイトマップ