銀行のキャッシングと銀行系と消費者金融系の違い

銀行系と消費者金融系の違いは?|銀行系ナビ

銀行系と消費者金融系の違いは?

キャッシングができる金融会社は世の中にたくさんあります。
大小様々な金融会社がありますが、初めてキャッシングをする人は大手の金融会社を選ぶ傾向が強いです。
やはり大手はテレビCMや広告などの影響により知名度もありますし、何よりも安心感があります。
大手のカード会社の中でも、銀行系や消費者金融系などいろいろな系列の会社があります。
銀行系列のカード会社は、銀行法に法って営業をしているカード会社です。
最近とても多くなってきていて、大手都市銀行はほとんどと言っていいほどカードローンを取り扱っています。
こちらの特徴としては、銀行の強みを活かした金利の安さと抜群の知名度や安心感があるという点です。
ただ金利が安い反面、審査は慎重に行うところが多く、申し込みから融資までの時間が長いです。
一方の消費者金融系は、貸金業法に法って営業をしています。
いわゆる街金融から一代で現在まで大きくしている会社が多く、代表取締役=創業者というところが多いのが特徴です。
しかし近年は過払い金返還や貸金業法改正の影響により、事業を縮小したり銀行に買収されたりと、ひところの勢いはなくなってきています。
こちらの特徴は、スピーディーな対応をしてくれるという点です。
消費者金融は独自の審査システムを持っており、これをフル活用してスピーディーに審査から融資までをしてくれます。
最近流行りの即日融資も、消費者金融は昔から行っていました。
大手の消費者金融の中には銀行に買収されているところもありますし、独立系の会社でもテレビCMや広告などにより知名度や安心感もありますが、金利は銀行系に比べて高いという印象を受けます。
このようにそれぞれ特徴があり、良い面悪い面とありますが、圧倒的に支持を得ているは銀行系のカードローンのようです。

融資までは時間がかかるものの、金利は安いですし知名度・安心感共に抜群ですから、初めてキャッシングを利用する方には人気です。

 

失敗しないようにご自身に一番あった銀行で借りるようにして下さい。

>>おすすめの銀行系カードローン比較はこちら<<

ホーム RSS購読 サイトマップ