銀行のキャッシングと銀行と銀行系の違い

銀行と銀行系の違いは?|銀行系ナビ

銀行と銀行系の違いは?

銀行カードローンと銀行系カードローンの違いをご説明いたします。
銀行カードローンとは、銀行が直接運営をしているカードローンで、銀行法に法って運営をしています。
銀行の窓口で申し込みができるのが特徴で、申し込みから融資、回収行為全て銀行で行います。
銀行の強みを最大限に活かした金利の安さが売りです。
また限度額も大きく設定をされており、他社のまとめローンとして活用している人も多いです。
一方銀行系カードローンとは、銀行と提携をしているカード会社が運営しているカードローンのことを言います。
銀行系カードローンの多くは、銀行法ではなく貸金業法に法って運営をしています。
特徴としては、既存の消費者金融を銀行が買収して運営されているという点です。
ですから、銀行系とはいえども母体は消費者金融であります。
消費者金融の特徴であるスピーディーな対応で、即日融資してくれるところが多いです。
以上が銀行カードローンと銀行系カードローンの特徴です。
利用目的を問わない個人利用の信用貸し部門は消費者金融が第一人者でした。
銀行は住宅購入資金などのローンは扱っていましたが、信用貸し部門は苦手とする分野だったのです。
消費者金融は独自の審査システムを構築し、信用貸しのノウハウ持っています。
住宅ローンの新規顧客も頭打ちになり、新たな市場を開拓しなければならない銀行は、消費者金融の持っているノウハウが欲しいと思ったのです。
ちょうどその頃消費者金融は過払い金返還などの問題で、会社の資金繰りが厳しくなり自力で営業をすることが困難な状況に立たされていました。

そこで銀行と消費者金融の思惑が一致し、お互い手を結ぶことにしたのです。
そうした経緯で銀行系カードローンが誕生しました。
銀行は消費者金融のノウハウを得て、銀行が母体となって運営する銀行カードローンが近年増えています。
銀行カードローンと銀行系カードローン、いずれも銀行が関わっているというのは変わりがありません。

 

失敗しないようにご自身に一番あった銀行で借りるようにして下さい。

>>おすすめの銀行系カードローン比較はこちら<<

ホーム RSS購読 サイトマップ